老人ホームの役割|高齢化社会に欠かせない施設です

男性と女性

情報管理を一元化

男女

介護が必要な高齢者にとって心強い味方が老人ホームなどの介護施設です。24時間の看護体制が敷かれていたり、食事から入浴といった日常生活のケアまで幅広くサポートしてくれるので、不自由のない生活ができます。しかし、体にハンディキャップのある人だと介護施設に通えなくなったり、入居審査に通らなくなる場合もあります。そのため、最近では自宅に介護施設の職員が直接訪れる訪問介護の需要が高まっています。自宅でプロのサポートが受けられるので家族の精神的な負担も減りますし、介護を受ける側も住み慣れた環境を手放さなくて良くなるのでストレスも減ります。このようにニーズのある訪問介護ですが、介護施設の職員はスケジュールや情報の管理が難しくなったり、介護請求に手間がかかる場合があるため、多くの施設で訪問介護ソフトの導入が急がれています。

訪問介護ソフトを導入すると、介護保険情報の有効期限を知らせるエラー表示機能が利用できたり、介護保険外のサービスを一目で確認できるといった機能が使えるようになるので、管理業務の負担が少なくなります。また、訪問介護ソフトでは利用者別でサービスの提供パターンを分析できるため、スケジュールや業務管理が簡単になり、質の良いサービスを実施することができます。さらに、訪問介護ソフトは導入方法も簡単で、ネットの設定をするだけですぐに運用を開始できます。また、初めて訪問介護ソフトを導入する施設向けに分かりやすいシステム操作の説明会を行なったり、初回レセプトに立ち会うといった手厚いサポートも受けられます。