老人ホームの役割|高齢化社会に欠かせない施設です

男性と女性

入居前の準備

食事

静岡では老人ホームへ家族を入居させる家庭が多いのですが、老人ホームを利用すると専門スタッフの援助が受けられるので、家族にかかる負担が大幅に減ります。また、入居した高齢者も他の入居者と交流が持てたり、様々なイベントに参加できるので体のケアが受けられるだけではなく精神的にもリフレッシュできます。このように静岡の老人ホームに入居するメリットはいくつかあるのですが、入居の際は老人ホームのスタッフと面談をしたり、入居審査を受ける必要があります。静岡の老人ホームへの入居手続きでは申込書の提出が必須となり、さらに入居者の保険証や薬の説明書、診療情報提供書といった書類も提出も求められるので、手続きの前に準備しておきましょう。

静岡の老人ホームでの手続きが完了して無事に入居が決まると、快適な生活ができるように家具や家電などの準備を行ないます。基本的に静岡にある老人ホームには十分な設備が揃っているのですが、中には個人的に家具を持ち込まなければいけない施設もあります。その際は、寝具類はもちろんのこと、タンスに簡易的なテレビ、連絡用の電話を用意しておくと良いでしょう。また、家具や家電だけではなく衣類と消耗品の準備も必要です。施設で着用するための寝間着に加えて、外出用の服に下着、布団カバーとタオルなどがあれば十分です。そして、消耗品はティッシュペーパーや洗面用具、普段使っている車いすや杖を用意しておき、保険証や薬などは紛失しないようにまとめて小物入れなどに入れておくと良いでしょう。