老人ホームの役割|高齢化社会に欠かせない施設です

シニア男性

施設での過ごし方

男性と女性

子供よりも高齢者の数が多いと言われている今、兄弟や協力できる親族がいなくて自宅での介護が難しい家庭が多くなっています。家族間での介護が難しい場合は老人ホームを利用して介護のサポートを受けるべきですが、最近の老人ホームはサポート体制が充実していて、持病を持っている人でも問題なく入居できます。また、24時間体制で入居者を見守っていたり、万が一に備えて病院と提携している施設もたくさんあるので、家族を預ける身元引受人も安心できます。老人ホームへの入居をする際は、申し込みに必要な書類を事前に準備しておけば滞りなく手続きが完了しますし、事前に体験入居や見学が可能なので、施設内の雰囲気を確認することもできます。また、老人ホームへの入居に不安を抱えているのなら入居後の過ごし方について調べておくと良いでしょう。

老人ホームに入居すると、朝には入居者同士で栄養バランスの整った朝食を摂り、体操をしてから一日が始まります。その後、10時頃になるとリハビリをするための施設に移動して、運動を行ないますが、週2回という頻度で行なわれるので体に負担もかかりません。そして、昼食までには老人ホームに戻りしっかりと栄養を補給してから入浴をします。入浴は週に3日ほどで、介護施設のスタッフが丁寧に体を洗ってくれるのでリラックスして体を綺麗にできます。さらに、入浴後は自由時間で、甘い物を食べたり友人同士で会話をするなど好きなように過ごせるので、精神的にもリフレッシュできるでしょう。夜になると夕食を終えた後は9時に就寝するので、とても健康的です。

入居前の準備

食事

静岡の老人ホームに入居する際は、保険証や入居申し込み書といった書類が必要になるので事前に準備しておきましょう。また、すぐに生活が始められるように家具や家電、衣類も必要になります。

もっと読む

施設選びのポイント

男女

十三駅付近にある老人ホームを選ぶなら、立地条件や設備、医療体制を確認しましょう。住み慣れた街にある介護施設なら安心感がありますし、設備や医療体制が整っていると万が一の事態が起こってもすぐに対処してくれます。

もっと読む

情報管理を一元化

男女

訪問介護ソフトを導入することでスケジュール管理が簡単に出来たり、情報を一元管理することが可能となります。導入方法も分かりやすく、丁寧なシステム説明や初回レセプトの立ち合いといったサポートをしてくれます。

もっと読む